HOME > お知らせ > ブログ > 素材と似合わせ

お知らせ

< ブリーチカラー、アイロンの繰り返しによるハイダメージ毛を綺麗に強く  |  一覧へ戻る  |  ヘアスタイルが与えるイメージ >

素材と似合わせ

私は・・・・・



カットって一番大切にしております。



なんでか❓というと、




体に着せる洋服みたいなもんだと



考えています。



形を作って、色でイメージや雰囲気を更に強調する。



服と一緒やな!!!と考えます。




なんで、カットは凄く大切に考えています。



なんでリピーターの方にはシーズンの変わり目には



衣替えのように、ヘアデザインの変化を提案しております。



カットで雰囲気、イメージを変える、


凄く重要な作業、


カットをして気にいらなかったら、


自分が着たくない服を我慢して着てるのと一緒なんです。


そう思うと、とても重視しなければなりません。



顔、頭の形、表情、テイスト、髪質~量感など


全て気にしなくてはなりません。


私が幾らいい先生の勉強会で学んだとしても・・・・


似合わせる事が出来なければ意味がありません。



そのくらい、カットって似合わせにもこだわる


必要があります。



結果、似合わなければ嫌な思いする数ヶ月になります。



私はそれが凄く嫌なので、カットには強くこだわっています。


最近、統計をとった結果なんですが、



ハチハリ、絶壁、面長のお客様がほとんどというぐらい

なんです。



骨格に悩みがあっても似合うスタイル、


悩みをいかす~抑制~解決する方法、デザインを見つけ


似合わせカットを行っております。


DSC_1832.jpg


↑ ↑ ↑ ↑

サイドのハリを利用してこの様なスタイルに!!!





IMG_20191124_105342_798.jpg


↑ ↑ ↑ ↑

「希望」ハンサム風ショートにしたい!でも、面長が目立つ、コンプレックスだと!

面長をカバーしつつ、ハンサムテイスト風を応用したすたいるに!!!




Fotor_144412819982866.jpg

↑ ↑ ↑ ↑

こちらは、個人的に好きなフォルムなので!!!!









































































































カテゴリ:

< ブリーチカラー、アイロンの繰り返しによるハイダメージ毛を綺麗に強く  |  一覧へ戻る  |  ヘアスタイルが与えるイメージ >

同じカテゴリの記事

超直硬毛を整形トリートメント1回目と2回目の違い

おはようございま~す。


今回は、


直毛で、通常の3倍の硬さを持つお客様の


整形トリートメント2回目の施術





前回1回目の整形トリートメントの仕上がりは、こんな感じ

       ↓ ↓ ↓ ↓

  DSC_1581.jpg


  DSC_1583.jpg


纏まりはよくなりましたが、まだまだ硬さを感じる状態です。


そして、今回、2回目の施術


こちら

↓ ↓ ↓ ↓

DSC_1900.jpg

1本1本の髪がよりいい状態に整形され、



はるかに1回目より綺麗なツヤも出てまとまりがより良い状態。


DSC_1901.jpg


髪のなじみも良くなっております。



前回よりも、髪の硬さ、強さもだいぶ和らいできました。



でも、通常の3倍くらいの硬毛なのでまだまだ完成ではありません。


ご本人がこれまで味わったことのない領域までの


質を叶える事が可能なので、高い完成を実感させたいと


おもいます。


そしたら、また次回楽しみに!!!!



バイバイwinkpaper
















印象の違い!!!

今日はイメージやら印象について、


黙々と書いております。


さて、



今回は全く同じスタイルでの違いについて、


IMG_20190716_093905.jpg


こちらのスタイル、

ミディアムレングスのローグラデーションボブにカットし、
毛量~質感も全く同じスタイルです。


同じようにブローして、→右側はブロー後に冷風で空気を入れただけ!!



左側の女性は、凛とした、おとなしい印象



右側の女性は、空気が入ることによって親しみやすそう、明るい印象



になりましたね!!!!



質感1つでも、イメージ、印象を変える事ができます。


なので、似合わせには軽さ、重さをどこにどのように


使っていくかで似合わせのスタイル作りにはとても


大切な施術になっております。



お悩みの方は是非一度お試しください。






























































ヘアスタイルが与えるイメージ

DSC_1862.jpgDSC_1865.jpg

乾かして櫛で溶かした状態。
この2つのスタイルに印象、イメージをどう感じますか?


ブラウンのショートヘア         

・大人ぽさ
・きれいめ
・色っぽさ
・クール


レッド系ショートヘア

・元気そう
・若々しさ
・かわいらしさ
・フェミニン


この2つのスタイルの違いは・・・・・・


何かというと、



印象、イメージが正反対!!!!


きっと正面からの印象は、誰が見てもえらい違いに見えるはずです。
「正面の写真なくてすいません。」



全く逆の印象を持つお二方なんです。



ショートヘアでも、いろんな印象を与え、


イメージを大きく変える事ができます。


是非、楽しんでみて下さい。






DSC_1072_1.jpg




















































































ブリーチカラー、アイロンの繰り返しによるハイダメージ毛を綺麗に強く

外国人風カラーによるブリーチの施術ダメージ、


また、

自宅スタイリングなどによるアイロン熱変性からの



複合的なダメージによって、ハイダメージになった毛を



髪を強くしながら、もともと持つ、タンパク質に近いタンパク質


を髪内部の構造を疑似的に補強しながら、



修復、コルテックスをつくって回復の道に



繋げていきたいとおもいま~す。


Polish_20191124_141533475.jpg


danger現時点では、危険区域に入っている状態
濡らして引っ張ると切れます!!!


・枝毛
・切れ毛
・髪内部の損傷強
・パサ、ゴワ
・中間から毛先は外ぼうきの状態


この状態にカラーを入れても持ちませんし、
パーマだと髪を余計にバサバサにするだけ・・・・


この状態では何やっても決まりません。





やるとしたら・・・・・




ケア、カットしかありません。



なので、今日は強化の作業をします。


まずは、髪内部のスカスカ、周りに存在する水分、栄養素が循環する道、キューティクル


を補強し、少しづつ強い髪へしていくケアをしました。



DSC_1845(1).jpg



DSC_1838.jpg




これでも、まだまだ時間はかかります。状態の悪い時は細目に細目に

ケアし、良くしていくことが大切です。


また、今日良くなったからといって、アイロンをガンガン使ったりは
無茶なことなので、家でも適切な扱いが大切です。


アイロン等を使用する際には、保護剤などを使うことをおすすめします。

1571887755132.jpg  1571887776144.jpg


髪状態、自分のなりたいものに対しての、今必要なヘアケアをすることが大切です。




おはようございます!

皆様、お久しぶりです。


今年も残り僅かになりました・・・・・・



冬はイベントの多い時期、



まだあきなんですかね?



紅葉もまだですしね、



ちなみになんですが、



来年からサブリミックトリートメント⦅美髪整形⦆を



IMG_20191023_022240_711.jpg




値上げします。



¥10000を


¥12000に


価格変更いたします。


お得なパスポートもそろそろ終了とさせていただきます。




ほしい方はお早めに・・・・




このページのトップへ