HOME > お知らせ > アーカイブ > 2020年10月

お知らせ 2020年10月

『状態の悪い方、今を良くしたい方必見、確実に綺麗に!!!』カット+カラー+ケアLV2

『状態の悪い時こそ良い施術をすべし!!!』

ダメージを補修したい、

髪の質感を向上させたい。


ツヤ、透明感は勿論・・・・


バサツキ、乾燥までを必ず、


一気に綺麗な 柔らかく弾む髪へ!!!


ロングヘアは髪を魅せる髪へ。



IMG_20200612_012141.jpg


カット+カラー+デザイン《コントラスト》

カット+カラーにコントラストを加えたスタイル!!!やりすぎず、自然なのがオシャレで肌に馴染み、おしゃれ!!!
ブリーチを使わず、明るさや色の差でポイント的にコントラストをつけたデザインスタイルなので褪色も遅く、明るくならないのが良いところ。
仕事上の環境に合わせて明るさを調整しながらできるのが、気軽にできて嬉しいという。IMG_20200826_195104_288.jpg





















秋になりつつ当店、最近はサーモンコーラル系アッシュのコントラストが流行ってきてます。

IMG_20201005_231200_022.jpg




また、次回の予約をお取りして帰れば2回目が超お得!!!おしゃれが好きな方にはメリットが沢山。


Primary カット+カラー+デザイン⦅コントラスト⦆で、ご来店時、次回のご予約を2ヶ月以内でとると、


           一般¥13,500
カット+カラー    次約¥11,500 
           45日¥10,800
           30日¥10,000


          一般¥2,500~
コントラスト    次約¥1,500~
          [U29]¥500~


  ご来店時、次回のご予約を次約2ヶ月以内でとると
次回¥13000「3000円OFF」

U29⦅29歳以下⦆の場合は
¥12000「4000円OFF」
と、とてもお得!!!!
当店は、次回の予約をとると、とてもお得なんです。


骨格補正似合わせ小顔カット

1対1のご相談のし易い環境で技術のみにこだわりを持つサロンの似合わせ術を基に細かく行き届いた似合わせ美フォルムにさせていただきます。


SIMAシマはカットをとても大切に考えております。
自分に似合うヘアスタイルになれば、気分も上がり、人とのコミュニケーションも楽しくなり、何をするにしても前向きになれたり、向上心も高まるし人生変わるくらい価値があるかなと、私は心得ております。
『正確な骨格補正カットだから似合うこだわりカット術で、似合わせ美フォルムにいたします。』



施術において私は、ヘアスタイルの大切さを凄く重視しております。


仕事で人とお会いする時の容姿、楽しみにしているプライベートでお出掛けする時の容姿って、とても気にするんじゃないかな?って思っております。
私自身、勉強会等で最低、月に3回は人の多い場所へ出かけますが、なんだかんだ自分も頭から足まで気になり、
良くミラーの前に立ってこれでいいかな~と・・・・
女性の皆さんはもっともっと気になるのではないかなと思います。

髪型決まらない時って、メイクもファッションも、もう今日はこれでいっか・・・・と
妥協しがちになるはずです、この状態で毎日となると、かなり憂鬱ですよね・・・・
ヘアスタイルあっての顔なので、1ヶ月~2ヶ月のいつもの顔となるわけなので、理想のヘアスタイルになれれば、メイクも楽しくなり、おそらくファッションも新しい自分へどんどんチャレンジしたくなり、新しい自分を見つける楽しみもできるはずです。

気分が上がり、積極的になれる事で向上心や意欲がさらに沸き、また明日から頑張ろう!って気持ちになれる。美容の力には、凄く価値を感じているからこそ、お客様のヘアスタイル作りにおいていろんな観点から重視したヘアスタイルを構築させていただいております。


若いころは髪も元気でカットしたフォルムが思い通りに再現されやすくカットも決まりやすいが、30代半ば~は、やつり、ウネリ、乾燥、切れ毛、ツヤの低下という加齢ダメージを抱えた髪質への変化で悩みを抱え、ヘアスタイルの再現に悩まされる方が多くいらっしゃいます。このような状態を抱ながらも若いままの延長でヘアスタイルづくりをしているようでは、まず翌日からの再現に悩まされることは間違いないでしょう。当店は悩みによりそい考慮したヘアスタイル作りを徹底的におこなっております。

因みにmenの私自身の美容価値はカットのみで月1¥5000~、2ヶ月経つと最低¥10000かなという考えで美容の価値を持っております。


IMG_20200924_230508(1).jpg


1

« 2020年8月 | メインページ | アーカイブ

このページのトップへ