HOME > 髪と頭皮のラボ > パーマ編 > 昔、土でパーマをかけていたってホント?

髪と頭皮のラボ

< 冬の乾燥!オイルで対策すれば大丈夫?  |  一覧へ戻る  |  髪はアイロンの熱は何度まで耐えられるの? >

昔、土でパーマをかけていたってホント?

どこで、耳にしたかしりませんが、そういう伝説が有ります。

大昔でしょうけども、

アルカリ性の土を塗って

木の枝をロッド代わりにして、

髪にパーマをかけていたそうですよ。


人間の知識ってすごいですね~

考えた人に感謝ですね~











カテゴリ:

< 冬の乾燥!オイルで対策すれば大丈夫?  |  一覧へ戻る  |  髪はアイロンの熱は何度まで耐えられるの? >

同じカテゴリの記事

ダメージの度合いによってパーマのかかりは違うの?

ダメージの度合いによってパーマのかかりは違うの?とのことですが、


はい、勿論です!

髪のダメージ状態によって、薬剤のパワーに耐えられる状態なのか?

薬剤の浸透率がダメージによって変わるので、

ダメージが強ければ強いほど、薬剤の浸透率が高まるので、

薬剤のパワーに耐えきれず、薬剤の役割がいかせません!


よって、ダメージの強い髪などは、パーマがかからず、ダレた状態になりやすいです!


当サロンSIMA(シマ)では、ダメージの状態に合わせてケアを大切に大好きなパーマスタイルに仕上げてまいります!
パーマでお困り、お悩みなどのある方はお気軽にご相談ください。


髪の状態を良くする大人女性に人気のつくばの美容室
SIMA(シマ)










パーマして枝毛・切れ毛になったりしますか?

パーマしてから枝毛・切れ毛が増えるの?とのことですが、


ダメージ毛等に存在したりします!


パーマをかけた後は髪の状態が非常に
不安定な状態になっております。

パーマは前処理もそうですが、

中間処理・後処理が非常に

肝心な作業になります!


パーマを形成する際、髪の状態をアルカリに向けるのですが、
2剤をつけ、結合・固定の際には、元の状態に戻す作業を
行うのですが、
この工程を簡単に済ませると、
きちんと結合が行われず、髪は元の弱酸性に戻りきれず、
不安定な状態になり、枝毛・切れ毛の原因になります!


当サロンSIMA(シマ)では、今後の髪の状態を良い状態で保てるような
プロセスを行っております。
お悩みの方は是非ご相談ください!


髪の状態を良くする大人女性に人気のつくばの美容室
SIMA(シマ)



細い髪(軟毛)と太い髪(硬毛)ではパーマのかかりは違うの?

細い毛と太い毛ではパーマのかかりは違うの?とのことですが、・・・・・


勿論です!


太い髪は、内部のタンパクの量=コルテックスの面積も広いので、
しっかりした弾力もあり、綺麗なウェーブがしっかりでます!


細い毛は、髪自体が細い分、コルテックス、メデュラ、が狭い・小さいため、
タンパクの量が少ないので、
弾力が足りず、ウェーブのかかりが緩く出ます。
取れやすく、だれやすいのでそれなりの施術が必要になります!



パーマ客の多い当サロンSIMA(シマ)では、一人一人のお客様の髪質の状態に合わせての
パーマプロセスをプログラム化した施術を行っております!
細い髪の方でもパーマのかかりを実感できるプロセスも有りますので、
お悩みの方は、是非お問い合わせください。


髪の状態を良くする大人女性に人気のつくばの美容室
SIMA(シマ)
















いつもコテ(カールアイロン)で巻いてるのですがパーマ出来ない可能性!それはなぜ?

いつもアイロンで巻いてるとのことですが、パーマをしたいとのことですね?



それは、いつもアイロン使用時に熱から守る保護剤をつけているのか?

何度でどういう感じで巻いているのか?


によって、たんぱく質のダメージ・キューティクル・水分量


の状態が変わってきます。



基本的には高温熱は髪に負担がかかり、たんぱく質の変形が起きるのでダメージが
確実におこります!

乾燥したダメージ髪にパーマをしても弾力のあるプルンとした弾むウェーブにはなりません!

そこで、どれだけダメージの要因を抑えられるケアしている事かが、

良い仕上がりへのベースとなります!


パーマを前提にして検討の方は、アイロン時のケアの事を試みる事で、
大好きなパーマスタイルの仕上がりもよく楽しむこともできるでしょう。



パーマをかける時のベースが仕上がりの決め手となるくらい
当サロンSIMA(シマ)では、ベースの状態を大切にしております。


髪の状態を確実に良くするつくばの大人女性の美容室
SIMA(シマ)

パーマの時よく聞くシスチン結合ってなんなん?

髪は18種類のアミノ酸というたんぱく質ですが、

その中の一つをシスティンというアミノがあります!

システィンの中にイオウ原子があり、イオウ原子同士が繋がりあう事を

シスチン結合(SS結合)といいます。


では、わかりやすく例えてみます!


夫婦(シスチン結合)=旦那様+奥様ですが、


突然、大喧嘩をして奥様が家を出て、

別居中(シスチンが切れた状態です)


時を経て、何らかの仲直りして、

元に戻り仲良く暮らしています。(シスチンが元に戻り結合)


・パーマの仕組みにすると、

真っ直ぐな髪をウェーブにしたい!

1剤(還元)で形をつけるため、シスチン結合を一旦切ります。

そうすることでロッドに巻かれた髪が形を作り始めます。

でも、シスチン結合はまだ、切れたまま、

繋がなきゃ形をキープ出来ないので、

2剤(酸化・結合)の役割で元の状態に戻し、

ウェーブを定着させ、

髪に何もなかったかのように元の結合に戻す事
なのです!


このシスチン結合がうまくいかず、バさつき・髪がちりついたりすることがあります。

確実なシスチン結合をさせることがいい状態を保つ秘訣になります!


当サロンSIMA(シマ)では、一人一人の髪質の状態に合わせてのパーマプロセスを
オススメしております。
丁寧で確実な処理で今後の髪の状態まで考えたお手入れのしやすいパーマプロセスで
行っております。
お悩みの際には、是非、ご相談ください。


髪の状態を確実に良くする大人女性に人気のつくばの美容室
SIMA(シマ)

このページのトップへ