HOME > 髪と頭皮のラボ > サイエンス編 > 親油性とは?

髪と頭皮のラボ

< 親和性とは?  |  一覧へ戻る  |  疎水性とは? >

親油性とは?

油や脂肪酸に溶けやすい、馴染みやすいこと。分子中の炭化水素基と油などの炭化水素骨格とが親和力をもつことによって生ずる性質。親油性の物質は一般に疎水性である。
化合物などが、油や非極性溶媒に溶けやすい性質のことである。 親油性の高い物質は人体や繊維などが持つ親油性の部分になじみやすく、水との親和性は低い。頑固な油汚れほど親油性は高い。わかりやすく言えば油と仲が良い。


30代からの加齢によって引き起こる成長因子の減少が起こらないように定期的な頭皮環境を整えることが大切です。

髪や頭皮、ヘアスタイル~ヘアカラーでお悩みの方はお気軽にお問い合わせくださいませ。
つくば美容室SIMAシマ
つくば市研究学園美容室SIMAシマ


カテゴリ:

< 親和性とは?  |  一覧へ戻る  |  疎水性とは? >

同じカテゴリの記事

疎水性とは?

水を嫌う、水をはじく性質を持つのもの、性質。水に対する親和性が低い、すなわち水に溶解しにくい、あるいは水と混ざりにくい物質または分子の性質のことである。 疎水性物質は一般に、電気的に中性の非極性物質であり、分子内に炭化水素基をもつ物質が代表的である。


30代からの加齢によって引き起こる成長因子の減少が起こらないように定期的な頭皮環境を整えることが大切です。

髪や頭皮、ヘアスタイル~ヘアカラーでお悩みの方はお気軽にお問い合わせくださいませ。
つくば美容室SIMAシマ
つくば市研究学園美容室SIMAシマ


親和性とは?

物質と物質が容易に結合する性質あるいは物質と物質の結合のしやすさという意味があります。互いが容易に結合する性質を持っていることが「親和性」です。物質同士が非常に結びつきやすい・馴染みやすい、相性が非常に良い。
転じて、物と物事の相性の良さ・組み合わせの良さ。




30代からの加齢によって引き起こる成長因子の減少が起こらないように定期的な頭皮環境を整えることが大切です。

髪や頭皮、ヘアスタイル~ヘアカラーでお悩みの方はお気軽にお問い合わせくださいませ。
つくば美容室SIMAシマ
つくば市研究学園美容室SIMAシマ


炭化水素とは?

炭素と水素のみからなる化合物であり、化学的に極めて不活性な物質です。


髪や頭皮、ヘアカラーでお悩みの方はお気軽にお問い合わせくださいませ。
つくば美容室SIMAシマ
つくば市研究学園美容室SIMAシマ


揮発とは?

通常の温度で液体が気体になることです。多くの美容成分や化学反応として使われています。


髪や頭皮、ヘアカラーでお悩みの方はお気軽にお問い合わせくださいませ。
つくば美容室SIMAシマ
つくば市研究学園美容室SIMAシマ


ベタインとは?

+の正電荷とーの負電荷を同一分子内の隣り合わない位置に持ち、+の正電荷を持つ原子には解離しうる水素が結合してなく四級アンモニウム、スルホニウム、ホスホニウム等のカチオン構造をとる、分子全体としては電荷を持たない化合物の総称。



髪や頭皮、ヘアカラーでお悩みの方はお気軽にお問い合わせくださいませ。
つくば美容室SIMAシマ
つくば市研究学園美容室SIMAシマ

このページのトップへ