HOME > お客様の悩み公開 > アーカイブ > 縮毛矯正編

お客様の悩み公開 縮毛矯正編

縮毛矯正毛にパーマ=ダメージを重ねるだけ!なぜ?

基本的に美容室のメニューの中で、一番髪に負担のかかる縮毛矯正!

薬剤からのダメージ+矯正時のアイロン工程


かなり髪に負担がかかります。

髪内部の水分量が格段に足りない上、アイロンのプレス工程

で髪は楕円形になるため、水分の流出があり

既に薬剤の反応をいかせる髪の状態ではないため、


望む様なウェーブ・カール形成がうまくいかず、薬剤のパワーに耐えきれません!

パーマしたけど、結果

濡らすと、薄っぺらいダラ~ッとした感じ、

乾かすと、乾燥しきったバサバサ、ほうきみたいな状態になります!

こうなると、もうほんとに手の施しようがなくなります!

縮毛矯正後にどうしてもパーマを取り入れたいデザインにしたいなら、

髪の状態やそれなりの縮毛矯正プロセスやカットの仕方が大切になります!

ダメージ毛にダメージを重ねるのですから、

基本的にはリスクが有ります。

基本的にはオススメはしません!


・SIMAでは矯正後今後のスタイルまで考えた取り組み、お客様の今後の望みも
考えた上での一人一人に合わせた縮毛矯正プログラム・ブランディングを立てて
参ります!
お気軽にご相談ください。



髪の状態を確実に良くする美容室
SIMA(シマ)


















































1

« カラー編 | メインページ | アーカイブ | ヘアケア編 »

このページのトップへ