HOME > 髪と頭皮のラボ > アーカイブ > 2020年5月

髪と頭皮のラボ 2020年5月

三原色⦅プライマリーカラー⦆とは?

色の三原色とは、赤(マゼンタ)、黄(イエロー)、青(シアン)。
この3つの色の混合でほとんどの色が作れます。
混ざると暗くなり黒に近づいていく混色方法です。減法混色と呼ばれています。理論的にはこの3色を同じ割合で混ぜると黒になりますが実際には濃い茶色が精一杯です。光が当たって反射して見える色です。本やチラシなど印刷で出されるものは色の三原色で作られています。

DSC_8906.jpg


30代からの加齢によって引き起こる成長因子の減少が起こらないように定期的な頭皮環境を整えることが大切です。

髪や頭皮、ヘアスタイル~ヘアカラーでお悩みの方はお気軽にお問い合わせくださいませ。
つくば美容室SIMAシマ
つくば市研究学園美容室SIMAシマ

親水性とは?

水と親和性が大きいこと。水と結びつきやすい、水に溶けやすい。
水に対する親和が高い性質のこと。 もともとは水になじみやすく混ざりやすいなどを指しているが、特に物質の表面状態については、水に濡れやすいこと。 表面に付いた水が玉のような水滴にならずに、薄く広がって水の膜をつくる状態、すなわち水滴の接触角が0度に近い状態を、親水性が高いという。


30代からの加齢によって引き起こる成長因子の減少が起こらないように定期的な頭皮環境を整えることが大切です。

髪や頭皮、ヘアスタイル~ヘアカラーでお悩みの方はお気軽にお問い合わせくださいませ。
つくば美容室SIMAシマ
つくば市研究学園美容室SIMAシマ


撥水性とは?

水をはじく。嫌う。疎水性のじょうたい。
親油性が高ければ高いほど撥水性になる。


30代からの加齢によって引き起こる成長因子の減少が起こらないように定期的な頭皮環境を整えることが大切です。

髪や頭皮、ヘアスタイル~ヘアカラーでお悩みの方はお気軽にお問い合わせくださいませ。
つくば美容室SIMAシマ
つくば市研究学園美容室SIMAシマ

疎水性とは?

水を嫌う、水をはじく性質を持つのもの、性質。水に対する親和性が低い、すなわち水に溶解しにくい、あるいは水と混ざりにくい物質または分子の性質のことである。 疎水性物質は一般に、電気的に中性の非極性物質であり、分子内に炭化水素基をもつ物質が代表的である。


30代からの加齢によって引き起こる成長因子の減少が起こらないように定期的な頭皮環境を整えることが大切です。

髪や頭皮、ヘアスタイル~ヘアカラーでお悩みの方はお気軽にお問い合わせくださいませ。
つくば美容室SIMAシマ
つくば市研究学園美容室SIMAシマ


親油性とは?

油や脂肪酸に溶けやすい、馴染みやすいこと。分子中の炭化水素基と油などの炭化水素骨格とが親和力をもつことによって生ずる性質。親油性の物質は一般に疎水性である。
化合物などが、油や非極性溶媒に溶けやすい性質のことである。 親油性の高い物質は人体や繊維などが持つ親油性の部分になじみやすく、水との親和性は低い。頑固な油汚れほど親油性は高い。わかりやすく言えば油と仲が良い。


30代からの加齢によって引き起こる成長因子の減少が起こらないように定期的な頭皮環境を整えることが大切です。

髪や頭皮、ヘアスタイル~ヘアカラーでお悩みの方はお気軽にお問い合わせくださいませ。
つくば美容室SIMAシマ
つくば市研究学園美容室SIMAシマ


親和性とは?

物質と物質が容易に結合する性質あるいは物質と物質の結合のしやすさという意味があります。互いが容易に結合する性質を持っていることが「親和性」です。物質同士が非常に結びつきやすい・馴染みやすい、相性が非常に良い。
転じて、物と物事の相性の良さ・組み合わせの良さ。




30代からの加齢によって引き起こる成長因子の減少が起こらないように定期的な頭皮環境を整えることが大切です。

髪や頭皮、ヘアスタイル~ヘアカラーでお悩みの方はお気軽にお問い合わせくださいませ。
つくば美容室SIMAシマ
つくば市研究学園美容室SIMAシマ


アルギニン酸とは?

アルギニン酸は準必須アミノ酸とも呼ばれるアミノ酸です。
血管を拡張させる働きがあり、育毛には良いといわれています。
他にもアルギニン酸の働きはたくさんあり、成長ホルモンの分泌、筋肉組織の増強、
免疫機能を高める、アンエチエイジング効果、疲労回復など、髪の毛意外にも
スポーツや美容などにも深く関わるアミノ酸です。

アスパラガスや落花生、のり、くるみ、きゅうりなどに含まれていて、
アルギニン酸が不足してしまうと、免疫機能が低下したり、成長ホルモンの分泌が
少なくなるため、子供の場合、発育や成長が
の遅れる事があります。


30代からの加齢によって引き起こる成長因子の減少が起こらないように定期的な頭皮環境を整えることが大切です。

髪や頭皮、ヘアスタイル~ヘアカラーでお悩みの方はお気軽にお問い合わせくださいませ。
つくば美容室SIMAシマ
つくば市研究学園美容室SIMAシマ


セリンとは?

シルクのプロテインから発見された非必須アミノ酸の一種。
セリンは体内でシステインに変換されます。システインは非必須アミノ酸の一種で、
毛髪に多く存在し、頭皮の生まれ変わりを促進してくれます。

美肌を保つ効果や睡眠を改善する効果もあります。
また、脳を構成する神経細胞の材料となるため、脳にとって重要な成分です。

その成分は牛乳や大豆、イクラ、海苔に多く含まれ、
とくに牛乳中のたんぱく質のほとんどを占めるカゼインに多く含まれています。



30代からの加齢によって引き起こる成長因子の減少が起こらないように定期的な頭皮環境を整えることが大切です。

髪や頭皮、ヘアスタイル~ヘアカラーでお悩みの方はお気軽にお問い合わせくださいませ。
つくば美容室SIMAシマ
つくば市研究学園美容室SIMAシマ


ロイシンとは?

大豆や肉・小麦など様々な食材に含まれているアミノ酸。
タンパク質の分解抑制・合成促進の調整などタンパク質の構成に深く関わっており、
毛髪の健康状態の改善や育毛効果が期待できます。

筋肉を作り出す重要な3つの疎水性アミノ酸、BCAA(イソロイシン・ロイシン・バリン)の一つ。
筋肉の合成と分解に深く関わっているアミノ酸となり、タンパク質の代謝を調節する働きも
あるといわれています。


30代からの加齢によって引き起こる成長因子の減少が起こらないように定期的な頭皮環境を整えることが大切です。

髪や頭皮、ヘアスタイル~ヘアカラーでお悩みの方はお気軽にお問い合わせくださいませ。
つくば美容室SIMAシマ
つくば市研究学園美容室SIMAシマ


グルタミン酸とは?

髪のたんぱく質を構成するアミノ酸の一つでシスチンとほぼ同じ(少しだけシスチンが多い)比率で必要とされている。
角質層の細胞はケラチン繊維と線維間物質から構成されており、
線維間物質に肌の潤いを保持する天然保湿成分(NMF)が存在します。
グルタミン酸は、その天然保湿成分(NMF)の約40%を占めています。
頭皮トラブルを起こしやすい人は角質層に含まるアミノ酸の不足が考えられます。

体内で生成することができる非必須アミノ酸です。
アミノグルタル酸ともよばれる。
小麦グルテンの加水分解物から発見された。
アンモニアを解毒し、尿の排出を促進する効果や脳の機能を活性化する効果があります。
また、日本で最初に発見されたうま味物質として調味料などに活用されています。
生体内では多くのアミノ酸がグルタミン酸をもとに合成されます。
昆布だしまたはだしの素などに多く利用されています。



30代からの加齢によって引き起こる成長因子の減少が起こらないように定期的な頭皮環境を整えることが大切です。


髪や頭皮、ヘアスタイル~ヘアカラーでお悩みの方はお気軽にお問い合わせくださいませ。
つくば美容室SIMAシマ
つくば市研究学園美容室SIMAシマ

12

« 2020年4月 | メインページ | アーカイブ

このページのトップへ